腰が痛くて眠れない人は腰痛マットレスを使うと熟睡ができる

腰が痛くて眠れない人は腰痛マットレスに変える事で改善できるかも!

ベッド 眠る 女性

睡眠時間人生3分1の時間に相当すると言われています。1日の中でもマットレスの上で過ごす時間は長いものなのです。

腰痛で悩まされている場合は特にマットレスを自分に合ったものに変えてあげることが大切です。

 

腰が痛くて眠れない人は意外と多い

腰痛 女性

睡眠時には立ったり座ったりするわけではなく横になれていますし、日中のように激しく動き回るわけではありませんので、腰への負担は少ないと考えている方が多いでしょう。

しかし腰痛がある場合の横になるという動作は一歩間違えれば腰に大きな負担を掛けることにも繋がってしまうのです。

自分の体に合ったマットレスを利用できていない場合は、横になっている方が辛く、眠れないと感じている人も多いです。

 

腰痛・ヘルニア持ちの人

整体 マッサージ 腰痛

腰痛ヘルニア正しい姿勢から外れると特に痛みを感じてしまいやすくなります。本来であれば仰向けの姿勢は体に強い負担を掛けるようなものではありません。

しかしマットレスが体に合っていない場合には、体が深く沈み込んで無理な姿勢になってしまったり、部分的に体重が掛かったりして、腰に大きな負担が掛かることがあり、痛みを引き起こす原因になってしまいます。

既に睡眠時に強い痛みを感じている方は、無理に仰向けの姿勢にならず横向きになり膝を抱える姿勢で眠りにつくと良いでしょう。

 

妊娠している人や臨月の人

妊婦

妊娠している人、その中でも特に臨月の人の場合で特に睡眠時や朝起きた際に腰の痛みが強い場合は、お腹が大きいために十分に寝返りを打つことが出来ないことが原因です。

これで腰痛が治った!!腰痛マットレスランキング最新版をチェック!

どうしてもお腹が大きいと自由に寝返りできなくなってしまいますし、体重も増えますので快適な睡眠から遠ざかってしまいます。

このような場合では寝返りが打ちやすいようにわざと布団を硬めにしてあげることも必要です。マットレスの場合はバスタオルを敷いたりすることでも対応出来ます。

 

生理の人

バラ

生理の場合は特に睡眠時のみ腰痛が酷くなるというケースは少ないとは思いますが、中には睡眠時や朝起きた際に酷く傷む場合もあります。

これは体が圧迫されることで十分血流を得られていないと言うケースが考えられます。

生理時には腹部に血液が集中しやすいですので、しっかり寝返りを打って体に力を入れすぎないことが大切です。

 

腰が痛くて眠れない時の 対処法

ベッド 女性

くて眠れないような場合は、腰に大きな異常がある場合があります。睡眠時のたかが腰痛と考えていてはいけません。

確かにマットレスが体に合っていないことなどによって睡眠時に特に腰痛を感じやすいことがありますが、眠れないほどの傷みの場合は何か別の原因の可能性があるためです。

眠れない程腰痛が酷い場合には、寝返りを打つ動きも辛いでしょう。そのような場合にはマットレスを硬めの状態にしてあげることで体を回転しやすくしてあげると良いでしょう。

また腰とマットレスの隙間を埋めるようにバスタオルなどを入れてあげると体重が分散されるので、痛みを軽減することが出来ます。その際に足を高く上げてあげるとより安定します。

腰が痛くて眠れない場合にはマットレスを変えるべきです。しっかりと睡眠を取ることは健康にとって欠かすことの出来ないものです。

マットレスが変わることは睡眠が大きく変わることを意味しています。自分自身に合ったマットレスを探すことは本当に大事なことです。

新しいマットレスになるまでは、バスタオル等を利用し少しでも負担を軽減してあげましょう。バスタオルで変化を感じることが出来れば、マットレスを新しく変えることでより効果を実感できるはずです。

枕 女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です