整体師が解説!腰痛で悩んでいる妊婦はどんなマットレスを選べばいい?

妊娠期間中は多くの方が腰痛を感じているようです。妊娠期間中に腰痛を感じている方は産後も腰痛に悩まされやすいですので、しっかり睡眠時間にケアしてあげることが大切です。

寝返りしやすいマットレスを選ぼう

特に妊娠後期から臨月時期はお腹が大きいために寝返りを打ちにくくなってしまいます。特に柔らかすぎるマットレスを利用している方は寝返りを打とうとすると体が沈み込んでしまい、さらに寝返りの回数が減ってしまうのです。寝返りの回数が減ると体の一定方向に力を入れ続けることになり、筋肉が疲労してしまいますので腰痛に繋がります。寝返りのしやすいマットレスとは柔らかすぎず硬すぎないマットレスのことです。

体圧分散に優れている製品を選ぼう

妊娠期間中はどうしても妊娠前のように寝返りは出来ません。これは寝返りしやすいマットレスに変えたとしても変わらない事実です。

どうしてもお腹を保護する関係で、自由に動けないのです。片側に集中して体重が掛かると血流も阻害され良くありません。少しでも負担を減らすため体圧分散に優れているマットレスを選びましょう。

体形に合ったマットレスを利用しよう

体形に合ったマットレスを利用するのも大切です。日本人向けに作られたものは日本の気候にも平均的な体重にもフィットしやすいですので日本製のものがおすすめです。

これで腰痛が治った!!腰痛マットレスランキング最新版をチェック!

購入しやすい金額であること
購入しやすい金額であることは腰痛で悩んでいる方がマットレスを選ぶ際に忘れてはいけないことです。

マットレスには100万円近いものから1万円しないものまであります。もちろん高ければそれだけ効果を実感できる可能性がありますが、高ければ良いわけではありません。マットレスは消耗品ですから購入しやすい金額で性能の高いものを選ぶべきです。

これらの条件を満たしているモットンとは

上記の条件を満たしているマットレスでおすすめなのはモットンです。モットンのマットレスは寝返りのしやすさが特徴的で、体圧分散に優れていますし日本人向けに開発されたものです。

また高性能ながら購入しやすい金額でもありますのでおすすめです。

妊娠している際に利用していたマットレスは産後になると体に合わないのではないかと心配している方も多いでしょう。

マットレスは体重の変化にも対応できるものですし、産後の腰痛対策としても継続して利用可能です。

もちろんその後も継続して利用していくことが可能です。腰痛対策マットレスを利用することで目覚めが良いと実感している方もたくさんいらっしゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です