寝起きの腰痛がひどい人には腰痛マットレスがおすすめの理由と効果

ベッド 女性

たっぷり睡眠時間が取れて体も休めることが出来たと思って目覚めたとしても、起き上がると体が重く腰痛に悩まされているという経験はないでしょうか。

これは寝起き腰痛と呼ばれ、原因がはっきりと分かっています。

 

寝起きに腰痛が起こる原因と腰痛マットレスのススメ

寝起き

寝起き腰痛は日ごろの疲れだけが原因ではありません。睡眠時にしっかりと寝返りを打つことが出来ずに、部分的に体重が掛かり血流も悪くなってしまっているためなのです。

たかが寝返りと思うかもしれませんが、健康な人では1度の睡眠で30回以上の寝返りを行っていると言われています。

寝返りは体の一か所のみが常に体重が掛かっている状態にならないよう、また血液循環を良くし体の温度調節も行うなど非常に意味のある行為なのです。

寝返りは無意識に行うことが多いため、意識して治るものではなく、睡眠前のストレッチ腰痛マットレスを使うなどしっかりと睡眠環境を整えてあげることが大切になります。

 

妊婦や育児に追われる主婦にも多い

添い寝

寝起きの腰痛は寝返りが原因ですので、お腹が大きく寝返りが十分に行うことの出来ない方に多いです。

また育児に追われる主婦は子供と一緒の布団を利用していることが多く、これもまた気軽に寝返りを出来ない環境ですので、寝起きに腰痛を引き起こしてしまうのです。

その他では配偶者と同じベッドで寝ている方や、体形から考えて狭すぎるベッドで眠っている場合も腰痛になることが多いです。

 

これで腰痛が治った!!腰痛マットレスランキング最新版をチェック!

寝起きの腰痛の対処法

枕 女性

寝起きの腰痛は部分的な筋肉疲労血流が滞ってしまったことが大きな原因です。寝返りは意識して行うものではありませんので、十分な睡眠スペースを確保することが大切です。

また、寝返りが十分に行うことが出来ない場合は、横向きで眠ることで仰向けの場合よりも腰痛を防ぐことが出来ます。

 

寝起きの腰痛には体操やストレッチ運動が効果的

ストレッチ 女性

筋肉疲労で凝り固まってしまった筋肉と、滞った血流が大きな原因ですので体操ストレッチを行うことで凝りをほぐしてあげると良いでしょう。

体操やストレッチの間に徐々に改善していくことを実感できるはずです。寝起きの不調はしっかりと朝のうちに体操やストレッチをすることで改善しましょう。

 

一番良いのは腰痛マットレスを使うこと

ベッド

体操やマッサージも寝起きの腰痛改善に効果的ですが、やはり一番良いのは腰痛マットレス利用することです。

部分的に体重を掛けてしまう睡眠スタイルが続くとどうしても歪んでしまいます。

体が歪んでしまうとどうしても体操やストレッチだけでは腰痛を改善できなくなりますし、腰痛マットレスを利用すれば寝起きもすっきりと起きられるようになります。

寝起きがすっきりしていると一日すっきりとした気分でいることが出来ますので、寝起きの腰痛に悩んでいる場合には腰痛マットレスの利用を検討しましょう。

寝起きの腰痛は日中に活動していく中で次第に良くなっていくため軽く見られがちではありますが、体は完全に疲れが取れない状態が続きますので体調を崩すきっかけにもなってしまいます。

腰痛には原因があることを理解し対策していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です